GISTのリスク分類について | まいくろすこーぷ

GISTのリスク分類について

消化管病理

 Gastrointestinal stromal tumor (GIST, 消化管間質腫瘍) の病理診断においては、リスク分類が求められます。なぜなら、リスク分類によって、予後予測に役立つだけでなく、術後化学療法の適応の決定に資するからです。

 GISTの悪性度を細胞形態のみで判断することは困難であり、唯一、他臓器への転移があれば悪性であると断定が可能です。

 よって転移がない場合には、良性/悪性と診断するのではなく、リスク分類(高、中、低)を行うことになります。

 リスク分類は主として2つが用いられています。これらの分類はいずれも、腫瘍径と細胞増殖能の指標を組み合わせてつくられています。

 これらの分類はいずれも、腫瘍径と細胞増殖能の指標を組み合わせてつくられていて、これら2つのリスク分類は GIST診療ガイドラインにも採用されています。

GIST診療ガイドライン 2014年4月改訂(第3版): 構造化抄録CD-ROM付

 【書名】GIST診療ガイドライン 2014年4月改訂(第3版): 構造化抄録CD-ROM付

 【編集】日本癌治療学会

 【出版社】金原出版

 【リンク】Amazon 楽天ブックス 7net honto e-hon 紀伊國屋書店

 

● Fletcher 分類

 最も汎用されているリスク分類は Fletcher 分類 (Fletcher CD et al: Hum Pathol 33: 459-465, 2002PMID: 12094370)で、この分類は腫瘍径と核分裂像数を組み合わせたものです。この分類はまたGIST診療ガイドラインにも採用されています。

 2項目のみで評価が可能であるものの、原発臓器によるリスクの違いが取り入れられておらず、また、Ki67(MIB-1) 標識率や壊死の有無も組み入れられてはいません。

● Miettinen 分類

 GISTは腫瘍発生臓器によって予後が異なることが示されています。そこで、これらを取り入れた Miettinen 分類 (Miettinen M et al: Semin Diagn Pathol 23: 70-83, 2006PMID: 17193820)が現在では使われるようになりつつあります。GIST診療ガイドラインにもこの分類が取り入れられています。

● リスク分類を行う上での注意事項

 核分裂像に関しては対物40倍視野で核分裂の数を調べ、50視野を合計して(/50HPF)算出することとなっていますが、視野数によって結果が異なるので、視野数を明記することが必要です。

● その他の予後予測因子

 臨床的な予後予測因子としては、腫瘍径(≧5cm)、周囲臓器への浸潤、血行性転移、腹膜播種、腫瘍破裂、不完全切除などがあり、病理においては核分裂像数(≧5/50HPF or 10/50HPF)、腫瘍細胞の多形性、壊死・出血の有無などが挙げられています。遺伝子的にはc-kit、PDGFRA、PDGFRBなどの遺伝子の変異が検討されています。

● 文献

1)Fletcher CD et al: Diagnosis of gastrointestinal stromal tumors: a consensus approach. Hum Pathol 33: 459-465, 2002

2)Miettinen M, Lasota J: Gastrointestinal stromal tumors: pathology and prognosis at different sites. Semin Diagn Pathol 23: 70-83, 2006

● 参考になるサイト

 ・NPO法人稀少腫瘍研究会 (旧GIST研究会) 

コメント